ワードプレスによるウェブページの制作

Pocket

ウェブサイト制作のための有名なソフトとして、ワードプレスがあります。これを紹介したいと思います。

ワードプレスは、もともとブログ制作用のソフトですが、ブログではない通常のホームページも制作できます。多くの企業のホームページがワードプレスで制作されています。

ワードプレスの利点には、次のようなものがあります。

(1)FTPなどの転送ソフトを使わなくても、管理画面から直接ウェブ記事を書くことができる。
(2)さまざまなテーマが用意されており、サイトのデザインを簡単に変えることができる。
(3)さまざまなプラグインが用意されており、カレンダーやスライドショーなどが簡単に導入できる。
(4)無料で使うことができる。
(5)有名なソフトなので、さまざまな情報を簡単に手に入れられる。

一方弱点としては、次のようなことが挙げられます。

(1)出回っているサイトテーマ(デザイン)やプラグインをカスタマイズしようと思うと、PHPやSQLなどのプログラミング知識が必要になる。

ただ、とりあえずは、サイトのデザインやプラグインは出回っているものを利用すればいいので、初めのうちはカスタマイズはいらないと思います。なので、初めてウェブサイトを作るのであれば、複雑なFTP接続などをしなくても良いので、このワードプレスを使うことをお勧めします。

ブログでない通常のホームページを制作するだけでも、このワードプレスは良いと思います。

多くのレンタルサーバーの会社では、このワードプレスはサービスで提供しているので、ボタン一つで、サーバーにインストールできると思います。(ただ、レンタルサーバーではなく、自前のサーバーにワードプレスをインストールをしようとすると、結構手間かもしれません(^^;))

ワードプレスは、サーバー側の言語であるPHPとデータベースのMYSQLで構築されているので、これらPHP、MYSQLの知識がある人にとっては、カスタマイズしやすくて一層良いかもしれません。ただ、先ほども言いましたが、PHP、MYSQLの知識がなくても、豊富なサイトデザイン(テーマ)やプラグインがボタン一個で利用できるので、心配しなくても大丈夫です(^^)

コメントは停止中です。