(Java)for文を使って、1から順番に足し算するプログラム

//for文をつかって、1から入力した数まで足し算するプログラム
import java.io.*;

//クラス名はsum_numberで、ファイル名はsum_number.javaとする。
class sum_number{
	public static void main(String[] args) throws IOException
	{
		System.out.println("どの数字まで1から足していきますか?");
		
		//BufferedReaderクラスからインスタンス(br)を生成
		BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
		
		//BufferedReaderクラスのメソッドの(readLine)を使いキーボードからの文字列を取得
		String s = br.readLine();

		//Stringクラス(文字列を扱うクラス)のインスタンス(s)を整数型に変換して、整数型変数(n)に格納
		int n = Integer.parseInt(s);

		int sum = 0; 

		//for文で、変数iが1からnまで一つづつ増えていき、n回for文の中の命令(文字列の出力)が実行される。
		for(int i=1; i <= n; i++){
			sum += i;
		}
		//文字列を出力
		System.out.println("1から"+ n + "までの数字をすべて足しあげると" + sum + "になります。");
	}
}