数学の勉強法

Pocket

 

効果的な数学の勉強のやり方を説明します。

 

中学、高校の数学の教科書は、結構盛りだくさんに沢山書いてあって、数学嫌いの人にとっては、とっつきにくいと思います。

 

また積み重ねの科目なので、一度どこかでつまずくと、それ以後の全部わからなくなります。この辺が、文系の科目と違うところです。一見すると、文系の科目より、難しそうに見えるかもしれないが、実は違います。

 

数学の教科書があると、重要なのは、教科書全体の2割くらいしかありません。
つまり、2割さえわかれば、残りの8割は自動的にわかることになります。
逆に、その2割がわからないと、残りの8割はまったく意味不明になってしまいます。

 

数学では、その手品の種にあたる、たった2割を重点的にやることが重要なのです。

 

コメントは停止中です。