(Java言語)Switch文で条件分岐

JAVA言語で条件分岐の命令文であるswitch文について解説します。

//キーボードからの入力をするクラスをインポートする。
import java.io.*;

//クラス名はswitch_statementで、ファイル名はswitch_statement.javaとする。
class switch_statement{
	public static void main(String[] args) throws IOException{

		//文字列を出力
		System.out.println("1から5の間の数字を一つ入力してください。");

		//BufferedReaderクラスからインスタンス(br)を生成
		BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

		//BufferedReaderクラスのメソッドの(readLine)を使いキーボードからの文字列を取得
		String s = br.readLine();

		//Stringクラス(文字列を扱うクラス)のインスタンス(s)を整数型に変換して、整数型変数(n)に格納
		int n = Integer.parseInt(s);

		//switch文で、変数nの数字が1から5の場合(case)、それぞれのcase文の下に書いてある実行分が実行される。
		//変数nの数字が1から5以外のケース(case)はdefault以下が実行される。
		switch(n){
			case 1:
				System.out.println("入力した数字は1です。");
				break;
			case 2:
				System.out.println("入力した数字は2です。");
				break;
			case 3:
				System.out.println("入力した数字は3です。");
				break;
			case 4:
				System.out.println("入力した数字は4です。");
				break;
			case 5:
				System.out.println("入力した数字は5です。");
				break;
			default:
				System.out.println("1から5以外の数字が入力されました。");
				break;
		}
	}

}