キーボードからの文字の入力(JAVA)

Pocket

JAVAでキーボードから文字を入力させて、それをそのままコンソールに出力させるプログラムを作りましょう。

さっそくですが、次のプログラムを書いてみてください。ファイル名は「input_output.java」で保存してください。

ファイル名とクラス名は必ず同じにしてください。(この場合は「input_output」です。)

ファイルを保存しているフォルダに移動してから次のようにコンパイルをします。

>javac input_output.java

そして、次のコマンドで実行します。

>java input_output

すると実行結果は次のようになります。(キーボードから「こんにちは」を入力しました。)

文字を入力してください。
こんにちは
入力内容は「こんにちは」です。

 

プログラムの解説

では、このプログラムの解説をします。

まず1行目の

import java.io.*;

ですが、これは文字の入力などに関係するパッケージをインポートしています。これがないとコンソールから文字が入力できません。

次に、10行目の

BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));

ですが、BufferedReaderクラスから「br」というインスタンスを作成しています。BufferedReaderクラスはコンソール(文字型入力ストリーム)からテキストを読み込むクラスです。クラスをまだ勉強していなければ、とりあえず文字列を読み込むお呪いと思っていればOKです。

その次に11行目の
String str = br.readLine();

ですが、「br」というインスタンスを利用して、BufferedReaderクラスのreadLine()メソッドを利用しています。こちらもクラスをまだ勉強していない場合は、とりあえずキーボードから文字を読み込むためのお呪いと思っていればOKです。平たく言うと、キーボードからの入力をstrに格納しています。

そして、14行目の

System.out.println(“入力内容は「” + str + “」です。”);

で、キーボードからの入力結果(strに格納されている)を表示させています。

これで、JAVAでキーボードから入力と画面への出力ができるようになりました。

コメントは停止中です。