ウェブマスターによって検索エンジンからの評価を知る

Pocket

グーグルアナリティクスに似たようなサービスとして、グーグルウェブマスターがあります。いったいこれはなんでしょう?また、グーグルアナリティクスとどう違うのでしょうか?

ウェブサイトの運用者にとって最も重要なのは、何人くらいの人が見に来てくれているのか(訪問者数)、何ページくらい見られているのか(ページビュー)でしょう。ブログであれば、ブログ村などやSNSからの流入も多いかもしれませんが、通常の固定ページが主流のホームページであれば、もっとも重要なのは検索エンジンからの流入です。

検索エンジンには、数種類ありますが、もっとも規模、知名度ともに最も重要なのはグーグル検索です。日本だとヤフー検索もよく使われますが、世界的に見ればグーグルが圧倒的に力があります。また、ヤフーも昔は、独自の検索エンジンを持っていたようですが、現在ではグーグルとほぼ同じ検索エンジンを使用しているようです。

ということで、このグーグルの検索エンジンから自分のサイトがどのように評価されていうのかとても気になるところですが、それを知ることのできる道具がグーグルウェブマスターなのです。

つまり、グーグルアナリティクスでは、あらゆるチャンネルからくる訪問者の情報を知ることができますが、グーグルマスターでは、特にグーグル検索からくる訪問者に特化した情報を得ることができるのです。また、グーグルマスターでは、グーグルアナリティクスでは知ることのできないグーグル検索での自分のサイトの評価を知ることができ、大変に便利です。

グーグルウェブマスターは、自分のウェブサイトを制作したらグーグルアナリティクスとともに導入しておきたいサービスです。

まとめると、以下のような形です。

グーグルアナリティクス: 自分のサイトに訪れるすべての訪問者の情報や統計を知ることができる。
グーグルウェブマスター: グーグル検索エンジンで自分のサイトがどのように評価されているか知ることができる。

それでは、具体的にどんなサービスがあるかその特徴を書いてみたいと思います。

(1)グーグル検索エンジンから自分のサイトに、日毎に何回訪問しているか知ることができる。(クリック数)
(2)グーグル検索エンジンの検索エンジンに、日毎に何回表示されているか知ることができる。(表示回数)
(3)グーグル検索エンジンに自分のページが正しくインデックス(登録)されているか知ることができる。
(4)グーグル検索エンジンから自分のサイトに何らかのペナルティが課されていないか知ることができる

このほかにたくさんの機能がありますが、これだけでも十分知る価値のある情報です。ぜひ登録して使ってみることをおすすめします。

コメントは停止中です。