グーグルアナリティクスによるウェブ解析

Pocket

自分の制作したウェブサイトにどれくらい訪問者がいるのかなどを調べるにはどうすればよいでしょうか?そのためのもっとも有名な道具がグーグルアナリティクス(Google Analytics)です。これ以外にも、たくさんウェブ解析のサービスはあるのですが、とりあえずグーグルアナリティクスを導入しておくことをお勧めします。

<グーグルアナリティクス>

グーグルアナリティクスは、非常に優れたウェブ解析ソフトで、自分のウェブページにどれくらい訪問者がいるのか、どれくらいの数のページが見られているのか(page view)、またどこから訪問者が流入しているのかなど、さまざまな面から解析してくれます。代表的な機能を紹介しましょう。

(1)複数のウェブサイトを一括管理可能。
(2)日毎、月毎、年毎でセッション、ユーザー、ページビューの数を時系列のグラフの形で情報提供している。
(3)国、市町村など訪問者がどこから来ているのか知ることができる。
(4)訪問者のサービスプロバイダー、使用OSなどの詳細情報を知ることができる。
(5)訪問者がどこ経由で流入しているか知ることができる。たとえば、グーグルなどの検索エンジンなのか、SNSからなのかなど。
(6)訪問者が自分のウェブサイトに流入してから、どのようなページ遷移をたどって、離脱したか知ることができる。

これ以外にもたくさんの機能があり、ウェブ解析ソフトとしての機能はおそらく世界一だと思います。ただ、グーグルアナリティクスには、次のおような弱点もあります。

(1)基本的に更新は一日一回
(2)生ログを見ることができない。

ウェブ解析ソフトだと随時更新をしてくれたり、生ログを見せてくれるものはたくさんあります。この辺が弱点といえば弱点ですが、まあそんなに頻繁にチャックしてもしょうがないし、生ログ見なくても、大枠の統計情報だけ知れば、ウェブサイトの評価には十分なので、この2つの弱点は気にする必要もないでしょう。

ところで、生ログって何という方もいらっしゃると思いますので、少し解説しておきます。

通常、グーグルアナリティクスなどのウェブ解析サービスでは、そのサイトの情報を得るために、訪問者が訪問した足跡であるログ情報というものを解析します。このログ情報には、訪問日時やIPアドレスなどが書かれていて、それをもとに、ウェブ解析ソフトは、訪問者の統計情報を出しているわけです。なので、みなさんがどこかのサイトにアクセスしたら、基本的にはみなさんのIPアドレスや訪問日時も記録を取られていると考えてよいでしょう。

まあ、ウェブサイトの訪問記録がとられているといっても、せいぜい特定できるのは、どこのサーバーからアクセスしたかぐらいまでなので、個人まで特定されるのはまれですね。せいぜいどこの町からかとか、どこのプロバーダーを使ったかぐらいまでです。

ちなみに、グーグルアナリティクスをはじめとするウェブ解析サービスは、自分の所有しているサイトしか解析できないので、他人のウェブサイトの情報を知りたいときは別の手段をとる必要があります。これについては、次のリンクを参照してください。

他人のウェブサイトの収益金額と価値評価をするサイト

<グーグルアナリティクスの設置の仕方>

それでは、グーグルアナリティクスの設置の仕方の概略を説明したいと思います。詳細は、ウェブ上にもたくさん情報がありますので、そちらを参考にしてください。

グーグルアナリティクスを設置するには、まずグーグルアナリティクスにアカウントを開きます。次に、詳細情報を登録すると、グーグルアナリティクスからトラッキングコードというタグをコピーできるようになりますので、それを自分のサイトのそれぞれのページのHTMLに貼り付ければ完成です。

ワードプレスを使っている人は、グーグルアナリティクス用のプラグインをダウンロードして、そこに先ほどのタグを一回貼り付ければ、すべてのページの解析ができるようになります。いちいちそれぞれのページにタグを張り付けなくてもよいので、ワードプレスのプラグインは便利ですね(^^)

コメントは停止中です。