(Python)文字列の正規表現、(先頭、末尾の固定)

正規表現とは、Pythonのみならず、ほかの言語(Java,C,PHP,Javascript)などにも出てくる概念です。 正規表現はある特定の文字列(パターン)が、検索対象の文字列に出現するかどうかを判定します。検索パターンが検索対象の一部だけでも一致すればOKである。 [^]は文字列の先頭を表す。 [$]は文字列の行末を表す。 # -*- coding: utf-8 -*- #正規表現のreモジュールをインポートする。 import re pattern = [“ABA”, “^ABA”, “ABA$”,”^ABA$”]#見つけ出したいパターンの文字列 search = [“ABA”, “ABAA”, “ABAAA”,”AABA”,”AAABA”]#検索対象の文字列 #見つけ出したいパターンの文字列でループを回す。 for i in pattern: print(“*******”) p = re.compile(i)#正規表現を使える等にパターン文字列をコンパイルする。 for j in search:#検索対象の文字列の集合をループで回す。 result = p.search(j)#検索対象に検索パターンが一致するかチェックする。検索パターンが検索対象の一部だけでも一致すればOKである。 if result is not None: r = “OK” #一致していればOKとする。 else: r = “NG” #一致してなければNGとする。 massege = “(Pattern)” […]

(Python)正規表現

正規表現とは、Pythonのみならず、ほかの言語(Java,C,PHP,Javascript)などにも出てくる概念です。 この正規表現はある特定の文字列(パターン)が、検索対象の文字列に出現するかどうかを判定します。 検索パターンが検索対象の一部だけでも一致すればOKである。 # -*- coding: utf-8 -*- #正規表現のreモジュールをインポートする。 import re pattern = [“Hello”, “Tokyo”, “car”]#見つけ出したいパターンの文字列 search = [“GoodNight”, “Tokyo”, “Tokyoto”,”car”,”mycardrive”,”mycar”,”book”,”building”,”pencil”]#検索対象の文字列 #見つけ出したいパターンの文字列でループを回す。 for i in pattern: print(“*******”) p = re.compile(i)#正規表現を使える等にパターン文字列をコンパイルする。 for j in search:#検索対象の文字列の集合をループで回す。 result = p.search(j)#検索対象に検索パターンが一致するかチェックする。検索パターンが検索対象の一部だけでも一致すればOKである。 if result is not None: r = “OK” #一致していればOKとする。 else: r = “NG” #一致してなければNGとする。 massege = “(Pattern)” + […]

(python)クラスを継承(Inheritance)

# -*- coding: utf-8 -*- #親クラス(スーパークラス)の設計。親クラスの名前はCustomer class Customer: #コンストラクター(初期化のメソッド) def __init__(self,cname,caddress): self.name = cname #フィールド(変数) self.address = caddress #フィールド(変数) #メソッド def show(self): print(self.name, self.address) #親クラス(Customer)から子クラス(サブクラス)の設計。子クラスの名前はVip class Vip(Customer): #コンストラクター(初期化のメソッド) def __init__(self, cname, caddress, ctel): #Customer.__init__(self, cname, caddress)#親クラスのコンストラクターをそのまま引き継ぐ super().__init__(cname, caddress)#親クラスのコンストラクターをそのまま引き継ぐ self.tel = ctel #子クラスに新たに加えられたフィールド(変数) #小クラスに新たに加えられたメソッド def fullshow(self): #print(self.name, “の住所は”, self.address, “で電話番号は”, self.tel, “です。”) print(self.name + “の住所は” + self.address + […]

(Python)文字列の操作

Pythonでの文字列操作の仕方 # -*- coding: utf-8 -*- str = input(“文字列を入力してください。”) #入力された文字列を出力 print(“入力された文字列は「” + str + “」です。”) #入力された文字列の0番目の文字を出力 print(“0番目の文字は「” + str[0] + “」です。”) #入力された文字列の3番目の文字を出力 print(“3番目の文字は「” + str[3] + “」です。”) #入力された文字列の2番目から5番目の文字列の一部を出力 print(“2番目から5番目までの文字列は「” + str[2:6] + “」です。”) #入力された文字列の長さを出力 print(“入力した文字列の長さ”, len(str), “です。”) #文字列を逆順にする。 print(“文字列を逆順にすると「” + str[::-1] + “」となります。”) #文字列をすべて大文字にする print(“文字列をすべて大文字にすると「” + str.upper() + “」となります。”) #文字列をすべて小文字にする print(“文字列をすべて大文字にすると「” + str.lower() + “」となります。”) […]

(Python)クラスの設計

フィールドのみのクラスの設計 class Human: #コンストラクタ、初期化のメソッド def __init__(self, name, address, tel): #Field,変数の集合(name,address,telの3つの変数がある。) self.name = name self.address = address self.tel = tel #インスタンスの発行(インスタンス名c1) c1 = Human(“Ichiro”, “Tokyo”, “123-456-7890”) #インスタンスをフィールドで利用 print(c1.name) print(c1.address) print(c1.tel) print(“”) 複数のインスタンスを発行 class Human: #コンストラクタ、初期化のメソッド def __init__(self, name, address, tel): #Field,変数の集合(name,address,telの3つの変数がある。) self.name = name self.address = address self.tel = tel #インスタンスの発行(インスタンス名c1) c1 = Human(“Ichiro”, “Tokyo”, “123-456-7890”) […]

(python) クラスの設計、継承、別ファイルでモジュール化

# -*- coding: utf-8 -*- class Account: def __init__(self, name,account): self.name = name self.account = account def getName(self): return self.name def getAccount(self): return self.account class ExtAccount(Account): def __init__(self, nm, ac, ad, tl): super().__init__(nm, ac) self.adr = ad self.tel = tl def getName(self): self.name = “costomer:” + self.name return self.name def getAdr(self): return self.adr def getTel(self): […]