(JavaScript)イベント操作。ボタンを押すと日時を表示するプログラム

JavaScriptで、ボタンを押すと日時を表示するプログラム イベント操作 日時を表示させるプログラム *このプログラムの説明 ボタンを押すとdate関数から取得された日時が表示される。idが「time」で指定されたp タグに日時が表示される。 「getElementById(‘time’)」で”time”というidを持つタグ(pタグ)が指定される。 「innerHTML」はそのタグの開始タグと終了タグの間の文章である。 *プログラム 下のボタンを押してください。 日時 表示

JavaScriptでなんちゃって天気予報をするプログラム(ボタンで関数よびだし。)

H1タグをクリックすると、なんちゃって天気予報がウィンドウアラート上に表示されるプログラムです。 forecast()関数をJavaScript内で定義して、H1タグがクリックされたときに呼び出されるようにしています。 確率3分の1づつで、「晴れ」「曇り」「雨」の予報を出力します。ランダムに結果を選んでいるだけの”なんちゃって”天気予報です(笑) 天気予報 ここを押すと天気予報がでます。

JavaScriptで見出しをクリックするとあたらしいページが出現するプログラム

見出しなどのタグをクリックすると、新しいページがポップアップで出現するプログラムの例です。 newpage()という関数をJavaScript内で定義して、h1タグをクリックしたときに呼び出されるようにしています。 イベント処理 これはH1タグです。   次のコードが呼び出される新しいページのhtmlのファイルです。両方のファイルとも同じフォルダに入れておきましょう。 新しいページ 新しいページです。

Javascriptで画面をクリックするとアラート画面がでる方法

Javascriptで、見出しタグをクリックすると、アラート画面がポップアップするプログラムです。 scriptタグ内で定義されたpopup()という関数が、「onclick = “popup()」という命令でh1タグをクリックしたときに呼び出されます。 ページクリック クリックすると何かが出現! また、ページを読み込んだだけでアラートがでるプログラムが次です。bodyタグのところに、アラートを出す関数を呼び出す「onload = “popup()”」が変更されただけです。 ページオンロード ページが読み込まれるだけで何かが出現!