イメージの力で、収入・能力アップ!

イメージする力は無限である。イメージ力を使うことにより、あなたの能力は最大限に発揮されるだろう。   これは、あらゆる情報をインプットし、頭の中で整理しアウトプットするのに最適な方法である。イメージする力は右脳と左脳を有機的に結合し、脳フルパワーで働かせることができる。   論理的な文章を書くときも、数学をはじめとするあらゆる技術的な事を習得するときにも非常に役に立つ。   具体的な方法を示しよう。学びたい技術がある場合には、それに関する本を買ってきて、そこに書いてある内容を頭の中にコピー機のように転写していくのである。   理解して頭の中に入れるのではなく、理解する前にまずテキストに書いてあることをそのままそっくりコピー機のように頭の中に入れるのである。そして、その後に頭の中でその意味を考える。   情報を理解するから頭中に入るのではない。頭の中に入れてから理解するのだ。   これがプレンイメージングメソッドである。

人工知能により今後世の中はこう変わる!?

人工知能はこの後、数十年にわたるビックトレンドになるでしょう。 パソコンの入力はキーボードではなくて音声になるでしょう。そしてジェスチャーだけでコンピュータはあなたが何がしたいかわかるでしょう。 つまり、コンピュータはあなたのやりたいことを人間のように認識してくれるようになるでしょう。 今のキーボードは未来の人から見ると骨董品のように見える日がくるに違いありません。 キーボードなしのパソコンが登場し、パソコンのインターフェースは素晴らしいものになるでしょう。 バーチャルリアリティーと組み合わせれば、コンピューターが人間に近い対応する様になるでしょう。あなたが喋った内容に反応して。VRによって仮想の世界があなたの目の前に広がります。

人工知能(AI)で用いられる機械学習とは何か?

最近の人工知能のトレンドは、今後数十年にわたって大トレンドになりそうである。この人工知能にもちいられる機械学習という技術を簡単に紹介しよう。   機械学習にはいくつかパターンがあるが、最もよく使われるものは教師付き機械学習ある。教師つき機械学習とは、入力データに対して出力の答えが与えられているものだ。例えば、犬と猫の画像が大量にあったとしよう。それぞれの画像に犬かまたは猫のどちらであるかを明記したラベルをつけてられているのが教師付き機械学習の訓練データである。   機械学習のモデルはニューラルネットワークと呼ばれるもので、たくさんのノードが網の目にのようにつながっている。   ニューラルネットワークにはたくさんのパラメータが与えられており、訓練データによりそれらのパラメータを最適化していく。   深層学習のような大量のパラメータを持つモデルは、過学習をしないように、大量の訓練データを必要とする。   最近の人工知能とりわけ深層学習と呼ばれる技術の発展した背景には、大量のデータを集めることができるインターネットの発展が起き大きく寄与している。 今後、IOTなどで、ますますたくさんのデータがインターネットで集められ、人工知能はますます発展していくだろう。

人工知能で世の中はどう変わるか?

人工知能が大ブームである。みんなこぞって、人工知能をもてはやしている。   ブームの発端になったのは、深層学習と言う技術である。この深層学習は画像認識に特に力を発揮している。   これまでは、画像認識と言うと人間の方で、画像の特徴をつかむようにプログラムを書かなくてはならなかった。しかし、deep learningになってからは、特徴抽出を人間ではなくコンピューターのほうでできるようになった。   これは凄いことだ。特徴抽出を人間がやろうとすると、とても煩雑な作業をしなければならない。しかし、この特徴抽出をAIがやってくれるのだ。   これにより、非常にAIは人間に近づいいてきた。   今後も、人工知能に注目だ。

音声入力はすごく便利だ!

音声入力は凄い。   今まで、原稿書くときにキーボードから手入力をしていたが、今は音声入力に変えてしまった。   音声入力は、圧倒的に早い。そして楽である。これまで書く事はめんどくさい作業であったが、音声入力にしてから楽しい作業に変わった。   具体的にはiPhoneでSiri機能を使い、原稿を音声入力で書いていく。   ぜひ試して欲しい。

ubuntu16.04をウィンドウズ10にダブルインストール

ubuntu16.04のインストールをウィンドウズ10にダブルインストールするときの備忘録です。 1、まず、ubuntu16.04の日本語版を下記のページから,「ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)」をクリックしてダウンロードする。 https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix 2、DVD-Rをパソコンにいれて、ダウンロードフォルダに保存したisoファイルを、エキスプローラーで右クリックして、ディスクに書き込みを選択する。そして書き込みをする。 3、コンピューターの管理から、「ディスクの管理」を選んでCドライブを右クリックして、「ボリュームの縮小」をする。縮小された領域にubuntuを入れる。 4、コンピューターのBIOSの優先度をディスクを最優先にする。 5、ubuntuを入れたDVD-Rをいれて、コンピューターを再起動する。 6、あとは、画面の指示通りにubuntuをインストールする。(この時に、Windowsを消さないボタンを選択する。)

数学を勉強するときに、紙と鉛筆は不要です!

数学が苦手とか、数学が一生懸命勉強してもなかなか成績が上がらない人は多いかと思います。たくさん勉強してもなかなか成績が上がらないのには理由があります。実は学校などであまり前に、やっている習慣、教えられている勉強法に問題があります。   数学の問題を解くときに、皆さんはどうやって解いているでしょうか?ほとんどの人は紙と鉛筆を使ってガリガリと計算していると思います。何を当たり前のことを言っているのかと思われるかもしれませんが、実はこれこそが数学を苦手にしている元凶なのです。   え、紙と鉛筆なしでどうやって計算するの?勉強するのと思われるのも当然です。学校で物心ついた頃からずっとそうやって勉強してきたので、この当たり前のことが実は当たり前でないことに気づくのは難しいでしょう。   じゃあ紙と鉛筆なしでどうやって勉強するのか?結論から先に言います。自分の頭の中に、架空のノートをイメージして、そこで計算をするのです。ソロバンの暗算に似ています。   頭の中にイメージとして数式を書いて計算をするのです。実際に頭脳イメージを用いて数学の問題を解いている人を他人がみると、なにか瞑想しているように見えるでしょう。   実際には、紙と鉛筆で5分くらいで計算できることを、頭の中だけで計算すると、2-3時間位かかります。そんなに遅いのに何のメリットがあるのかと言われると思います。実は、時間はかなりかかるのですが、いったん頭の中だけで、計算を終えれば、半永久的に忘れることがありません。   数学は積み重ねの学問なので、前回やった計算や論理を頭の中にずっと残っているというが重要なのです。   この頭脳イメージ勉強法は、この積み重ねが頭の中にできるので飛躍的に数学ができるようになります。   ぜひお試しください。

なぜ真面目にノートを取る人は、成績が上がらないのか?

勉強しても成績が上がらない。試験に受からない。勉強が苦痛だという人は沢山いると思います。ところが、少し周りを見回してみるとたいして努力しているように見えないのに、成績抜群、試験も受かり、切れ者の名を欲しいままにしている人もいるのも事実です。   何が両者を隔ているのでしょうか?持って生まれた才能でしょうか?   実はこの両者を隔ているのは、生まれつきの才能ではなく、勉強の仕方が根本的に異なるのです。学校でいつのまにか叩きこまれるいくつかの習慣、例えば机に座って勉強しましょうとか、黒板に書かれたことをノートに書きましょうとか、何度も書いて覚えましょうとかです。   これらの習慣は小さい頃から教え込まれてしまって、ほとんどの人の先入観となってしまっています。   しかし、これらの習慣は本当に勉強をできるようになるには邪魔な習慣で一刻も早くやめたほうが良いものばかりです。そして、本当にこれらの従来の勉強法で問題なのは、勉強が苦痛になることです。   では、どうやって勉強すれば良いのか?   今から頭の良い人がやっている秘密の勉強法をお教えします。   それは頭脳の持つイメージをする力を用いる方法(頭脳イメージ勉強法)です。机にかじりつく必要もなければ、ノートにガリガリ書き写したりしなくても、どんどん頭の中に知識が入ってきます。そして何よりも良いのは、この方法を使えば、勉強が楽しくなることです。   頭脳イメージ勉強法のやり方を少しだけ教えます。それは、今までノートや鉛筆を使ってやっていたことを頭の中だけでやるという方法です。まずは目を瞑って、頭の中に架空のノートをイメージします。そして、そこに頭の中にあるペンで教科書の覚えたいことを書いていくのです。書くと言っても、実際に鉛筆で書くのではなく、あくまで頭の中の架空のノートに、架空の鉛筆で書いていきます。   頭脳の持つイメージ力、右脳の力を全開にして勉強をします。   これで、あなたの成績をはじめとして、頭が段違いに良くなるでしょう。   頭脳イメージ勉強法のもっと詳しいやり方は、下のリンクからどうぞ。   頭脳イメージ勉強法のやり方