助教

Pocket

助教とは、昔でいうところの助手にあたる。英語だと、「assistant professor」に当たる。昔は、助手でも、ほとんど任期のないパーマネントポジションであり、精神的にゆとりの持てる安定的な職であった。

 

現在、この昔でいうところの「助手」に当たる「助教」は、ほとんど任期付きである。5年くらいの任期のところが多い。同じ任期付のポスドクとの違いは、不安定な職ということは同じだが、若干の違いがある。

 

まず、助教は大学の正式な教員ということで、業績や教育、態度が良ければ(笑)、その後パーマネントの講師や准教授などのポジションに昇格することができることも多い。ただし、大学の様々な雑用をやらなければいけないことがほとんどだ。また、授業も持たなくてはいけなくて、かなり忙しい。その点、ポスドクは研究に専念できる。

 

また、昇進は、教授などとの人間関係が重要になり、言い方は悪いが「ごますり」などの要領の良さも求められる。

 

ポジションによっては、再任や昇格の可能性が初めからないポジションもあり、その場合はポスドクとあまり変わらない。旧帝大の助教のポジションは、このケースが多いようだ。

 

なので、5年の助教の任期を終えた後に、研究者としてのキャリアをあきらめて、企業などに行く人も少なからずいる。

 

コメントは停止中です。