頭脳イメージ勉強法(BIM法)の基礎

Pocket

驚くほど、頭が良くなる頭脳イメージ勉強法(通称:BIM法)を紹介します。

 

人生は勉強の連続です。

学生の時は、中学入試にはじまって、高校入試、大学入試、人によっては 大学院入試まであるでしょう。

また、社会人になってからも、さまざまな資格を取るために 試験を受けなければいけないことも多いと思います。

しかし、勉強していて 困ったことも 多いと思います。

例えば、何回も読んだり、書いたりして、覚えたつもりが、しばらくすると、すぐに忘れる。

数学の勉強していて、一つ一つの式変形は理解できるけど、全体として理解できない。

これらの症状を解決して、頭を良くしていく方法が、頭脳イメージ勉強法(BIM法)です。

この頭脳イメージ勉強法(BIM法)は、人の頭脳が持つ イメージに対する ちからを利用します。

この方法には、次のような 利点があります。

 

1、 一度 覚えたら 忘れにくい。

2、 難しい概念も理解できるようになる。

3、 電車に乗っているときも、テレビをみながらでも勉強ができる。

4、 気持ちのよい脳波がでて、勉強するのが楽しくなる。

 

このようにメリットがたくさんあります。

 

大雑把な大枠だけ述べると、以下のようなことをしていきます。

1、 まず、目を閉じて、頭の中にノートを用意します。

2、 次にそのノートに、自分の理解したいことや覚えたいことを頭の中の想像のペンで書いていきます。

頭脳イメージ勉強法(BIM法)は、このようにシンプルなものです。

具体的には、将棋のプロが行う盲目将棋や、そろばんの達人が行う暗算に似ています

将棋のプロは、頭の中に想像の将棋盤を用意して、実際の将棋盤なしで、将棋をすることができます。

そろばんの達人は頭の中に想像のそろばんを用意して、実際にそろばんがなくても頭の中だけで計算することができます

これと同じことを、頭の中の想像のノートでしようというのが、頭脳イメージ勉強法(BIM法)の真髄です

コメントは停止中です。