統計ソフトRのすすめ

Pocket

さまざまな統計計算をするうえで、コンピューターの援用は欠かせません。

 

平均や、分散などの簡単な統計計算であれば、エクセルが手っ取り早いですが、ある程度以上複雑な統計計算の場合は、エクセルだと機能が十分ではありません。

 

主成分分析とか複雑な統計計算をするには、統計ソフトを使わなければいけませんが、いろいろ種類があるので、どれが良いのか迷ってしまいます。

 

代表的なソフトウェアをあげてみると、次のようなものがあります。

 

1) R (無料)

2) Matlab (有料)

3) Mathematica (有料)

4) Python (無料)

 

4)のPythonは統計ソフトというより、プログラム言語ですが、高度な統計計算のライブラリーも充実しています。

今回は無料で高機能な統計ソフト「R」を紹介します。

 https://www.r-project.org/

この統計ソフトRは、まずフリーソフトでありながら、長年にわたるコミュニティーによる使用によって、統計ライブラリーが非常に充実しています。さらに、沢山のひとに使われているので、日本語の参考書なども充実していて、利用するのに便利です。

 

また、プログラムの機能も備わっているので、複雑な処理も問題ありません。データベースのMYSQLなどとの連携も簡単です。

 

私も、主成分分析などエクセルでは難しい統計計算をRで行っています。

 

統計ソフトを探しているのであれば、この無料のRから始めるのがお勧めです。インストールの仕方などは、グーグルなどで検索すれば、沢山でてきますので、それらを参考にするのが良いと思います。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。