確率変数の標準化

Pocket

確率変数の標準化

確率変数Xの期待値を\mu=E[X]、標準偏差を\sigma=\sqrt{V[X]}として、次の式で定義される標準化変数Zを考える。

\displaystyle Z=\frac{X-\mu}{\sigma}

&nbsp

この標準化変数は、期待値が0で、標準偏差が1となる。

\displaystyle E[Z]=0

&nbsp

\displaystyle s[Z]=1

コメントは停止中です。