大学受験で最も重要な科目は??

Pocket

大学受験で最も重要な科目は何かと言われれば、
文系、理系を問わずに「英語」であろう。

(もちろん、学問としては、科目の間に優劣はないし、
人によって、その重要度は違うであろうが、
今回は、あくまでも「受験」に対してという観点でお話する。)

たまに、英語を課さない大学もあるが、
ほとんどの大学で英語は必修になっている。

英語が重要な理由はもう一つある。

例えば、理系の場合だと、もう一つの重要な科目に数学があるが、
どちらがより受験の合否に影響があるかといえば、英語であろう。

理由は次の通りだ。

英語は、問題の当たりはずれ、自分のその日の調子によらずに、
安定的に得点ゲットを期待できる。
つまり、英語ができないと、安定的に得られるはずの得点源
をはじめから放棄していることになる。

一方、数学はどうかといえば、問題の当たりはずれ、自分と問題の相性、
その日の調子などで、点数が大きくぶれる。
つまり、取れるときは、大きく得点が取れるが、取れないときは全然取れない。

これは特に難関大学受験にいえることだが、
数学はどちらかというと、ボーナス点に近いといえるだろう。

結論としては、英語で、安定的に得点を稼ぎ、
数学で大きくボーナス点を取って行くという気持ちで
受験にのぞむスタイルが良いだろう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。