博士課程・ポスドクターの実態

Pocket

研究者になろうと思ったら、博士課程やポストドクターに進むのが一般的である。

 

しかし、今の若者がその道に進むと、実際にはいばらの道だ。というか、その道に進むのは簡単だが経済的な意味で生活ができなくなることが多い。

 

そもそも、博士号たポストドクターという制度は欧米から輸入されてきたものだ。ただ、輸入するのはいいが欧米と日本では文化が全く違うので日本の実状に全くあっていないのだ。

 

まずもって、日本では博士号というもの対するリスペクトは全くないといってよいだろう。特に企業などに行っても、それがあるから有利になるという場面はほとんどないと思う。逆に博士号が足枷になることも多いと思う。

 

欧米では会社のCEOや上層部に博士号保有者がいることは珍しくなく、一般社会においてもある種のステータスになっている。

 

なので、日本で博士号をとるメリットは研究者になる以外ではメリットはあまりない。

 

さらに日本では(実は世界的に見ても)研究できる安定した就職先はほとんどなく、いわゆる契約社員みたいな感じであちこちの職場を転々をすることになることが一般的だ。

 

文部省の無責任なポスドク拡充政策で、日本では大勢の食えない博士号取得者があふれかえっている。なんとも、日本の人材資源の無駄使いだ。

 

高学歴ワーキングプアに陥った人々を何とかできないものだろうか。。。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。