人工知能(AI)で用いられる機械学習とは何か?

Pocket

最近の人工知能のトレンドは、今後数十年にわたって大トレンドになりそうである。この人工知能にもちいられる機械学習という技術を簡単に紹介しよう。

 

機械学習にはいくつかパターンがあるが、最もよく使われるものは教師付き機械学習ある。教師つき機械学習とは、入力データに対して出力の答えが与えられているものだ。例えば、犬と猫の画像が大量にあったとしよう。それぞれの画像に犬かまたは猫のどちらであるかを明記したラベルをつけてられているのが教師付き機械学習の訓練データである。

 

機械学習のモデルはニューラルネットワークと呼ばれるもので、たくさんのノードが網の目にのようにつながっている。

 

ニューラルネットワークにはたくさんのパラメータが与えられており、訓練データによりそれらのパラメータを最適化していく。

 

深層学習のような大量のパラメータを持つモデルは、過学習をしないように、大量の訓練データを必要とする。

 

最近の人工知能とりわけ深層学習と呼ばれる技術の発展した背景には、大量のデータを集めることができるインターネットの発展が起き大きく寄与している。

今後、IOTなどで、ますますたくさんのデータがインターネットで集められ、人工知能はますます発展していくだろう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。