ポスドク生活はつらい…

Pocket

ポスドクという言葉を聞いたことはあるだろうか?

 

ポスドクというのは、博士号取得後につく任期制の研究職のことで、1年から3年くらいの任期のことが多い。

 

通常、ポスドクになるまでに、大学を4年間、修士課程を2年間、博士課程を3年間やっていて、はやくても27歳から28歳くらいになっている。

 

さて、ここから口語体で書きます(笑)

 

このポスドクという職は、いわゆる大学や研究所などの正規職員になるまでのつなぎの職だと思われている。

 

現在、この職についている人は、文部科学省の政策もあり、全国で数万人近くいるといわれている。

 

既にこのポスドクをやっている人は知っていると思うが、このポスドク生活はつらい、つらいです。。。

 

なにがつらいかというと、非常に数の少ない、いわゆるパーマネント職を求めて、バトルロワイヤルをしている感じですね。

 

契約が切れれば、そのまま無職のプータローになります。博士号をとっているぐらいだから、有名国立大学出身で、いわゆる高学歴ワーキングプアってやつですね。

 

お金は、とりあえずのポスドクの給料で何とかなるとしても、もっとつらいのが社会的なつながりが断絶していくことです。

 

昔の同級生などは、30歳ともなれば、会社で活躍していたり、結婚して子供がいたりもしますが、ポスドクだと彼女をつくるのもままなりません。

 

会社の契約社員と同じですね。いつ、収入が絶えるかもわからない中、彼女をつくって結婚に至るのは至難の業といえるでしょう。

 

彼女「仕事は何やっているんですか?」

自分「ポスドクやっています。」

彼女「ポスドクってなんですか?」

自分「研究を仕事にする契約社員です。」

彼女「え、契約社員??」

自分「あ、はい」

彼女「私、安定した家庭を築きたいの、さようなら」

自分「・・・・」

 

って感じのやり取りになります。

まあ、友人関係も結構軽蔑されることも良くあります。

(まあ、そんな彼女や友人は要らないという立場もありますけどね。。。)

 

そう、ポスドクのつらさは、金銭面のみならず、社会的なつながりが切れていくことがとても辛いのです。

 

これから研究職をめざして、ポスドクをする人は、こういうことも起こることを念頭に置いておいた方がいいでしょう。

 

ただ、いろんな困難を承知で、それでもこの道に進むのであれば立派だと思います。応援したいですね。

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。