(Python)文字列の操作

Pythonでの文字列操作の仕方

# -*- coding: utf-8 -*-
str = input("文字列を入力してください。")

#入力された文字列を出力
print("入力された文字列は「" + str + "」です。")

#入力された文字列の0番目の文字を出力
print("0番目の文字は「" + str[0] + "」です。")

#入力された文字列の3番目の文字を出力
print("3番目の文字は「" + str[3] + "」です。")

#入力された文字列の2番目から5番目の文字列の一部を出力
print("2番目から5番目までの文字列は「" + str[2:6] + "」です。")

#入力された文字列の長さを出力
print("入力した文字列の長さ", len(str), "です。")

#文字列を逆順にする。
print("文字列を逆順にすると「" + str[::-1] + "」となります。")

#文字列をすべて大文字にする
print("文字列をすべて大文字にすると「" + str.upper() + "」となります。")
 
#文字列をすべて小文字にする
print("文字列をすべて大文字にすると「" + str.lower() + "」となります。")   

#文字列の埋め込み
print("{0}さんは{1}才で{2}で東京に住んでいます。".format("一郎","40","東京"))  

(Python)クラスの設計

フィールドのみのクラスの設計

class Human:
    #コンストラクタ、初期化のメソッド
    def __init__(self, name, address, tel):
        #Field,変数の集合(name,address,telの3つの変数がある。)
        self.name = name
        self.address = address
        self.tel = tel

#インスタンスの発行(インスタンス名c1)        
c1 = Human("Ichiro", "Tokyo", "123-456-7890")

#インスタンスをフィールドで利用
print(c1.name)
print(c1.address)
print(c1.tel)
print("")

複数のインスタンスを発行

class Human:
    #コンストラクタ、初期化のメソッド
    def __init__(self, name, address, tel):
        #Field,変数の集合(name,address,telの3つの変数がある。)
        self.name = name
        self.address = address
        self.tel = tel

#インスタンスの発行(インスタンス名c1)        
c1 = Human("Ichiro", "Tokyo", "123-456-7890")

#インスタンスをフィールドで利用
print(c1.name)
print(c1.address)
print(c1.tel)
print("")

#2番目のインスタンスの発行(インスタンス名c1) 
c2 = Human("Jiro", "Osaka", "987-765-4321")

#インスタンスをフィールドで利用
print(c2.name)
print(c2.address)
print(c2.tel)
print("")

#3番目のインスタンスの発行(インスタンス名c1) 
c3 = Human("Saburo", "Kyoto", "555-777-3333")

#インスタンスをフィールドで利用
print(c3.name)
print(c3.address)
print(c3.tel)
print("")

メソッドの定義と利用

class Human:
    #コンストラクタ、初期化のメソッド
    def __init__(self, name, address, tel):
        #Field,変数の集合(name,address,telの3つの変数がある。)
        self.name = name
        self.address = address
        self.tel = tel
    
    #メソッドの定義
    def show(self):
        print("Hello, " + self.name + ". Your address is " + self.address + " and Your tel is " + self.tel + ".")

    
#インスタンスの発行(インスタンス名c1)        
c1 = Human("Ichiro", "Tokyo", "123-456-7890")

#インスタンスをメソッドで利用
c1.show()

(JavaScript)関数を用いて、イベント操作で日時を表示させるプログラム

JavaScriptで、関数を用いてボタンを押すと日時を表示するプログラム




	関数を用いたイベント操作


関数を用いて日時を表示させるプログラム

(JavaScript)イベント操作。ボタンを押すと日時を表示するプログラム

JavaScriptで、ボタンを押すと日時を表示するプログラム


 


イベント操作


日時を表示させるプログラム

*このプログラムの説明

ボタンを押すとdate関数から取得された日時が表示される。idが「time」で指定されたp タグに日時が表示される。

「getElementById('time')」で"time"というidを持つタグ(pタグ)が指定される。 「innerHTML」はそのタグの開始タグと終了タグの間の文章である。

*プログラム

下のボタンを押してください。

(Java)フィールドのみのクラスの設計2(いろいろな種類のフィールド)

Javaでメソッドがなくフィールドのみのプログラムです。

フィールド(変数)は3つあります。String型一つと、int型2つ

String name = “ichiro”;
int id = 123456789;
int money = 20000;

です。


public class Account{
	//フィールド(変数の集合)
	String name = "ichiro";
	int id = 123456789;
	int money = 20000;

	//main関数でここからプログラムが始まる。
	public static void main(String[] args){
		
		//Accountクラスからインスタンス(インスタンス名は「c」)を作成
		Account c = new Account();

		//インスタンスをフィールド名(変数名)で利用する。利用の仕方は「インスタンス名.フィールド名」
		System.out.println("お客さんの名前は" + c.name + "です。");
		System.out.println("お客さんのIDは" + c.id + "です。");
		System.out.println("お客さんの預金金額は" + c.money + "です。");
	}
}

(Java)フィールドのみのクラスの設計

Javaでメソッドがなくフィールドのみのプログラムです。

フィールド(変数)は3つあります。

age
birthmonth
birtday

です。


public class MyAge{
	//フィールド(field)
	int age = 20;
	int birthmonth = 5;
	int birthday = 25;

	//main関数でここからプログラムが始まる。
	public static void main(String[] args){

		//MyAgeクラスからインスタンス(me)を作成
		MyAge me = new MyAge();

		//インスタンス名.フィールド名で利用
		System.out.println(me.age);
		System.out.println(me.birthmonth);
		System.out.println(me.birthday);
	}
}

(python) クラスの設計、継承、別ファイルでモジュール化


# -*- coding: utf-8 -*-
class Account:
    
    def __init__(self, name,account):
        self.name = name
        self.account = account
        
    def getName(self):
        return self.name
    
    def getAccount(self):
        return self.account


class ExtAccount(Account):
    def __init__(self, nm, ac, ad, tl):
        super().__init__(nm, ac)
        
        self.adr = ad
        self.tel = tl
        
    def getName(self):
        self.name = "costomer:" + self.name
        
        return self.name
    
    def getAdr(self):
        return self.adr
    
    def getTel(self):
        return self.tel


# -*- coding: utf-8 -*-
import myaccount

pr = myaccount.ExtAccount("ichiro", 145000, "ichiri@abc.ef.jp", "012-345-6789")

nm= pr.getName()
ac = pr.getAccount()
ad = pr.getAdr()
tl = pr.getTel()

print(nm, "has", ac, "yen.")
print("His/Her address is", ad, "and telephon number is", tl, ".")

(Java)メソッドのオーバーロード

関数(Method)メソッドのオーバーロードのプログラムです。


public class Myoverload{
	static int myPlus(int x, int y){
		return x + y;
	}

	static double myPlus(double x, double y){
		return x + y;
	}

	public static void main(String[] args){
		int z = myPlus(3,6);
		double w = myPlus(1.4, 2.3);
		System.out.println(z);
		System.out.println(w);
	}
}

(Java)関数(Method)を利用するプログラム(引数2つ、戻り値1つ)

2つのdouble型の引数x、yからその合計値を計算して戻す関数(Method)を用いたプログラムです。


//Method(関数)を用いるプログラム

public class MyAddition{
	//Define Method
	static double myPlus(double x, double y){
	return x + y;
	}

	//Main program
	public static void main(String[] args){
	double x= 5.2;
	double y= 3.4;
	double z;
	z = myPlus(x,y);//Call the method
	System.out.println(z);
	}
}