なぜ真面目にノートを取る人は、成績が上がらないのか?

Pocket

勉強しても成績が上がらない。試験に受からない。勉強が苦痛だという人は沢山いると思います。ところが、少し周りを見回してみるとたいして努力しているように見えないのに、成績抜群、試験も受かり、切れ者の名を欲しいままにしている人もいるのも事実です。

 

何が両者を隔ているのでしょうか?持って生まれた才能でしょうか?

 

実はこの両者を隔ているのは、生まれつきの才能ではなく、勉強の仕方が根本的に異なるのです。学校でいつのまにか叩きこまれるいくつかの習慣、例えば机に座って勉強しましょうとか、黒板に書かれたことをノートに書きましょうとか、何度も書いて覚えましょうとかです。

 

これらの習慣は小さい頃から教え込まれてしまって、ほとんどの人の先入観となってしまっています。

 

しかし、これらの習慣は本当に勉強をできるようになるには邪魔な習慣で一刻も早くやめたほうが良いものばかりです。そして、本当にこれらの従来の勉強法で問題なのは、勉強が苦痛になることです。

 

では、どうやって勉強すれば良いのか?

 

今から頭の良い人がやっている秘密の勉強法をお教えします。

 

それは頭脳の持つイメージをする力を用いる方法(頭脳イメージ勉強法)です。机にかじりつく必要もなければ、ノートにガリガリ書き写したりしなくても、どんどん頭の中に知識が入ってきます。そして何よりも良いのは、この方法を使えば、勉強が楽しくなることです。

 

頭脳イメージ勉強法のやり方を少しだけ教えます。それは、今までノートや鉛筆を使ってやっていたことを頭の中だけでやるという方法です。まずは目を瞑って、頭の中に架空のノートをイメージします。そして、そこに頭の中にあるペンで教科書の覚えたいことを書いていくのです。書くと言っても、実際に鉛筆で書くのではなく、あくまで頭の中の架空のノートに、架空の鉛筆で書いていきます。

 

頭脳の持つイメージ力、右脳の力を全開にして勉強をします。

 

これで、あなたの成績をはじめとして、頭が段違いに良くなるでしょう。

 

頭脳イメージ勉強法のもっと詳しいやり方は、下のリンクからどうぞ。

 

頭脳イメージ勉強法のやり方

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。